最小作用の原理のデモ(鉛直投げ上げ放物運動)

最小作用の原理を使って放物運動を求めます。S の値を最小にするようにスライダーを調節してください。両端の値は0のままとします。

g = m/s2

S = dS = (速度2 - 2 g 高さ) dt = -7.92

時刻t (秒) 0.0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 1.0
高さy (m) 0 0.45 0.80 1.05 1.20 1.25 1.20 1.05 0.80 0.45 0
dS 1.584 0 -1.188 -1.98 -2.376 -2.376 -1.98 -1.188 0 1.584

 [ フラットにする ] ⇒ 単振動へ

このネタは、2008年2月2日に物理実践交流会にて発表済みです。 このページの著作権は今野滋に帰属します。許可無き複製を禁じます。 このページを参考にした内容を、書籍、メーリングリスト、Web掲示板、ブログ、Webページなど、公表される媒体に発表する場合は、このページのアドレスを必ず明記してください。 また、授業やイベント等で使った場合は、感想等を知らせていただけますと、ありがたいです。